FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県の無形文化財保持団体に認定

岩槻江戸木目込人形技術保存会(新井久夫会長)が保持する
「江戸木目込人形」が、
本年3月18日、埼玉県教育委員会(樋爪龍太郎委員長)に、
埼玉県指定無形文化財(工業技術)として認定されました。

平成16年3月に県指定の無形文化財として認定され所有者となっていた
鈴木賢一氏と石川潤平氏の両氏が逝去されたことにより、
同会が保持団体として追加認定を申請し、
埼玉県文化財保護条例に基づき、教育委員会において認定が決定されたもの。
この結果、県指定・選択文化財は、合計693件になりました。

岩槻江戸木目込人形技術保存会は、
江戸木目込人形の伝統的な技術・向上と、保存を図るために結成された組織。
今回の認定を受けて、同会の存在を広く市民に周知いただけるよう、
さらに活発な活動を行っていくそうです。

伝統工芸士・新井久夫会長による認定報告のブログはこちら
→ 「雛人形を作っている江戸木目込人形職人」

bunkazai1

bunkazai2
スポンサーサイト

テーマ : 埼玉県地域情報
ジャンル : 地域情報

プロフィール

iwatsukiningyo

Author:iwatsukiningyo
岩槻人形協同組合のニュース&トピックスです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
< /body>